湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2018年10月の一覧

2018:10:26:09:09:17[18.10.26]

JPTシリーズ第22戦 第4回JBCF南魚沼ロードレース(第52回JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ)

開催日:2018年10月7日
開催地:新潟県南魚沼市/三国川ダム特設コース
レース形式:ロードレース/公道 12km/1周
 
【レース結果】
1位 フランシスコ・マンセボ・ペレス(マトリックスパワータグ) 3:14:20 av37.60km
2位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +00:00
3位 横山 航太(シマノレーシング) +01:03
4位 入部 正太朗(シマノレーシング) +01:07
5位 増田 成幸(宇都宮ブリッツェン) +01:13
6位 木村 圭佑(シマノレーシング) +01:40
---
18位 小嶋 渓円(LEOMO Bellmare Racing Team) +02:57
DNF 岩瀬 照(LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 米谷 隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 才田 直人(LEOMO Bellmare Racing Team)
 
【レース展開】
前週の台風24号に引き続き、今度は台風25号の影響を受けた新潟県南魚沼市でのレース。日本海から流れ込む湿気が八海山にぶつかり、朝から断続的に雨粒を落としていく中でのレースとなった。このレースには「経済産業大臣旗」がかかっており、Jプロツアーの中で最もランクの高い重要である。雨の会場に到着した選手達はすばやくテントを立て、ローラー台で脚を回す。寒い中でのレースが想定されるため各選手ともにこの日は入念にウォーミングアップ。雨の下りと寒いレースが不得意な才田選手だが、このレースに対するモチベーションは高い。小嶋選手と岩瀬選手も調子を上げて来ているが、米谷選手だけが風邪気味で少し心配な状況。
 
レース序盤からペースが速く2周目にはマトリックスのマンセボ選手がアタックするという異例の展開。そしてここにLeomo Bellmare Racing Teamから米谷選手が乗った。ブリッツェンとマトリックスが2名ずつに加えてシマノとLEOMOが1名ずつと主力チームの逃げに入り、メンバーも良いのでこのまま逃げ切る可能性も高い。1周18分台と速いペースで進む逃げ集団も4周目頃から落ち着き始めて1周19分台で進む。
体調が悪い才田選手は2周目の上りから集団から遅れてしまい、寒さも追い討ちをかけて体が動かない様子。風邪の影響が心配された米谷選手は、10周で争われるレースの半分を過ぎたあたり、それまでテンポよく走っていたが先頭集団からドロップ。雨も強くなったり弱くなったりし気温も低いことを考えるとリタイアしてもよかったが、最後まで走り切ることを選択する。メイン集団をシマノがコントロールする中、小嶋と岩瀬の両選手が残っている。集団の中では集中力もあり後半に期待されたが、岩瀬選手が残り3周でドロップ、集団には小嶋選手のみが残る状況となった。
迎えた最終周回、15名ほどの集団で最後の登りへ入るが、ペースアップした集団はバラバラになる。その中に小嶋選手が残れたが足が攣ってしまい集団から遅れてゴールとなった。米谷選手と岩瀬選手は2人ともに最終周回の残り2km地点での足切りとなり完走はならなかった。
 
【宮澤監督から】
最終戦は経済産業大臣旗ということもあり、各チーム攻めの展開となった。集団の中に居たとはいえ、前半の動きに乗って最後まで走れた小嶋は自信にもつながっただろう。米谷が前半の勝ち逃げに乗れた事は秋吉台ロードから自信をつけた結果と見ている。米谷の風邪は残念だが来年へのアプローチをしっかりとして、前半から結果につながる走りを期待する。才田は体調を合わせられなかった事は残念。今後のレースでの位置取りの克服と体調が悪くても出来る仕事の幅を増やして欲しい。岩瀬は登坂力という武器をさらに磨いて飛躍的に強くならなければならない年齢に差し掛かってきた。来年へ期待。
 
cr181026_03_01.jpg
 
cr181026_03_02.jpg
 
cr181026_03_03.jpg
 
cr181026_03_04.jpg


<<<前のレポート2018年10月の一覧



このページの先頭へ
広告掲載のご案内