湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2018年9月の一覧次のレポート>>>

2018:09:16:10:00:00[18.09.16]

JPTシリーズ第19戦 第3回JBCF維新やまぐちクリテリウム

開催日:2018年9月16日
開催地:山口県山口市中河原町 パークロード
レース形式:クリテリウム/公道 1周1.3km
 
【レース結果】
1位 黒枝 咲哉(シマノレーシング) 01:16:36 av40.72km
2位 窪木 一茂(チームブリヂストンサイクリング) +00:00
3位 入部 正太朗(シマノレーシング) +00:00
4位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ(マトリックスパワータグ) +00:00
5位 小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン) +00:00
6位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ) +00:00
---
DNF 才田 直人(LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 米谷 隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 小嶋 渓円(LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 加地 邦彦(LEOMO Bellmare Racing Team)
 
【レース展開】
昨年は台風の接近により中止となった維新やまぐちクリテリウム。今年は前日の空模様から打って変わって快晴のもとでJプロツアーの第19戦として無事開催された。
前夜の祝杯の影響か、はたまた前日の疲労の影響か、7時からの朝食の時間は少しだけ気怠い表情を見せていたが、会場に入る頃には元気な様子をみせる選手達。しかしながら、前日のロードレースで表彰台に上がる走りを魅せた才田選手と米谷選手は、正直なところ疲労困憊。小嶋選手も前日の落車の影響が無いとは言えない状況でクリテリウム・レースのスタートを迎えた。
今年のクリテリウムレースでは、逃げを作り出したり、最後まで粘りきってみたりと所々で見せ場を作ってくれるチームではあったが、流石にこのレースでは見せ場を作る力も残っておらず、チームから完走者を出すこともなくレースを終えてしまった。
ただ、実況でもJBCFの公式Twitterでも「昨日のレースを作った米谷選手と才田選手、今日は力尽きる...」と注目度が上がったのは良かった点かもしれない。
 
【宮澤監督から】
前日のロードレースの疲労が取れず、翌日のクリテリウムは惨敗に。仕方がないとも言っていられないので、2日間走れるカラダ作りを望みたい。
 
cr181009_02_01.jpg
 
cr181009_02_02.jpg
 
cr181009_02_03.jpg
 
cr181009_02_04.jpg


<<<前のレポート2018年9月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内