湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2018年4月の一覧次のレポート>>>

2018:04:28:10:00:00[18.04.28]

JPTシリーズ第5戦 第52回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1


開催日:2018年4月28日
開催地:群馬サイクルスポーツセンター
レース形式:ロードレース 6km/1周
 
【レース結果】
1位 窪木 一茂 (チームブリヂストンサイクリング) 02:30:42  av40.60km
2位 岡 篤志 (宇都宮ブリッツェン) +00:00
3位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ (マトリックスパワータグ) +00:00
4位 入部 正太朗 (シマノレーシング) +00:00
5位 増田 成幸 (宇都宮ブリッツェン) +00:00
---
9位 才田 直人 (LEOMO Bellmare Racing Team) +00:01
24位 小嶋 渓円 (LEOMO Bellmare Racing Team) +01:06
DNF 岩瀬 照 (LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 米谷 隆志 (LEOMO Bellmare Racing Team)
 
【レース展開】
東日本ロードクラシック初日。晴れ渡る空、例年より緑の多い群馬サイクルスポーツセンター。今日は高速なレースが予想される。
宮澤監督からチームひとりひとりににオーダーが出る。高校生ライダー岩瀬選手はレースがしっかりと見れるよう集団前方に米谷選手と一緒に位置取りすること。チャンスがあれば米谷選手と相談しながらアタックへ乗る。こんな具合に米谷選手は岩瀬選手の指導担当。と同時に前半のアタック合戦で脚を使い過ぎないように気をつけて、中盤から終盤への動きに乗っていくようにと指示が出る。小嶋選手への指示は一貫して「調子に乗らない」こと。しっかりと終盤に力を出せるよう落ち着いて走る。もはやベテランの才田選手には「良き走りを」と。
 
17周回102kmのレースがスタート。
 
才田選手は相変わらず後方で集団の流れを見る。特に群馬は中切れで致命的に遅れることはない。皆元気なうちは誰かが間を埋めてくれる。
米谷選手は前半から前々で動くタイプ。前の動きを確認できる位置で走りつつ、序盤の動きは人数が少なかったので見送る。小嶋選手と岩瀬選手に注意したほうが良さそうなチームを伝えたり、安全なタイミングで補給をとるように伝えるなど、話しながらなるべくまとまって動く。まさにプレーイングマネージャーな米谷選手だったが、6周回目辺りから膝に痛みが走り始め、その後痛みに耐えられなくなり9周回目でレースを降りることとなった。
調子に乗るなとの指示の下、小嶋選手は米谷選手の近くにポジションを取り周回を重ねていく。5周回目辺りで米谷選手の指示でアタックするも自分の中で躊躇をしてしまい心臓破りで失速してしまう。もしかするとそこは調子に乗っても良かったタイミングかもしれない。
一方の岩瀬選手。修善寺初日も完走しており、周回数が少ないこの日のレースも完走できる可能性がある。1周回目は脚より心拍が上がり登りのたびにキツイ状態。だが2周、3周と周回を重ねるごとに調子が上がっていく感覚もあり、前での展開に積極的に加わる動きをみせる。
 
中盤に差しかかる8周回目。ブリッツェン雨澤選手ら3名の逃げが形成された。メイン集団の才田選手は危険な抜け出しに反応しつつ各チームの形を確認。今シーズン初めて一緒に走るキナンサイクリングチームの動きを注意深く観察。一緒に行くなら山本元喜選手かな?という印象をいだきつつ周回を重ねる。
メイン集団は徐々に逃げとの差を詰め、逃げ集団も1人、また1人と人数を減らしていく。既に米谷選手を失っているチームは選手同士でコミュニケーションを取るも「終盤は1人になるかもな」とひとり覚悟を決めて備える才田選手。
 
残り2周回目。最後まで逃げ続けた雨澤選手を捉えたメイン集団からカウンターアタック発生。この11名の逃げに才田選手も入った。できれば有力チーム勢が1人ずつ乗った少人数逃げが理想だったが、11名の逃げの中にはブリッツェンが3名、マトリックスとキナンが2名ずつ...
 
目論見は外れた。
 
その頃、岩瀬選手はメイン集団から遅れてしまい、4名程の小集団で完走を目指す。しかし最終周回に入るS/Fラインには無情にも赤い旗。4秒足らず最終周回に入ることが出来なかった。
 
最終周回。
 
数的に不利、スプリントは無理。才田選手は最後のアタックに賭ける。ブリッツェンの鈴木譲選手と抜け出し、その時点でのベストを尽くす動きはできたが、チャレンジの時と同様に数的不利を跳ね返せるほどの力はなくスプリントで埋もれて9位。
 
一方、レース中盤に調子に乗るタイミングを逸した小嶋選手。それ以降は集団内で残り2周回目まで待機する。残り2周回目に入り「再び」調子に乗るチャンス到来。コース脇で戦況を見守る監督からも激が飛ぶ。しかし既に調子に乗るだけの体力が残っていたなかった小嶋選手。最終周回、小嶋選手のはるか前方、心臓破りの坂で仕掛ける才田選手を遠目に見ながら為す術もなくそのまま集団に埋もれてゴール。
 
修善寺初日のレースで小嶋選手を落車で失い、再び4名全員が揃った群馬初日のレース。小嶋・岩瀬の両新加入選手もチームに慣れ始めレース中のコミュニケーションも活発化しつつある。しかし最終周回で前で動けたのは才田選手ひとりだけ。米谷選手を膝痛で失った点もあるが、最終局面でもう一枚オプションを作ることがチームとしての課題となる。
 
cr180428_01_01.jpg
 
cr180428_01_02.jpg
 
cr180428_01_03.jpg
 
cr180428_01_04.jpg


<<<前のレポート2018年4月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内