湘南ベルマーレサイクルロードチーム|CYCLE ROAD

トライアスロン レポート

<<<前のレポート2018年3月の一覧次のレポート>>>

2018:03:18:10:00:00[18.03.18]

JPTシリーズ第4戦 第1回JBCF修善寺ロードレース Day-2


開催日:2018年3月18日
開催地:日本サイクルスポーツセンター 8kmコース(右回り)
レース形式:ロードレース 8km/1周
 
【レース結果】
1位 岡 篤志 (宇都宮ブリッツェン) 03:41:43  av32.47km
2位 アイラン・フェルナンデス・カサソラ (マトリックスパワータグ) +00:38
3位 増田 成幸 (宇都宮ブリッツェン) +00:38
4位 横山 航太 (シマノレーシング) +00:49
5位 鈴木 龍 (宇都宮ブリッツェン) +03:43
---
11位 才田 直人 (LEOMO Bellmare Racing Team) +04:20
DNF 米谷 隆志 (LEOMO Bellmare Racing Team)
DNF 岩瀬 照 (LEOMO Bellmare Racing Team)
DNS 小嶋 渓円 (LEOMO Bellmare Racing Team)
 
【レース展開】
修善寺2daysの2日目。この日の出走メンバは才田・米谷・岩瀬の3選手。前日落車した小嶋選手の怪我は骨折等の重症にはいたらなかったが、傷が深く病院での洗浄等の処置が必要な状態。治療自体も夜遅くまでかかり、日曜日の再検査も必要という事で2日目のレースはDNSとなった。
 
2日目のレースは前日の1.5倍となる15周回120kmのレース。昨日とはうって変わってお陽様も顔を見せ、風も程々なポカポカ陽気の中、12:45にレース開始となった。レース自体はスタート直後から断続的にアタックが決まり、8周回目時点で20名強の逃げ集団が形成される。この逃げ集団にLEOMO Bellmare Racing Teamは乗れていない一方で、主要チームは概ね逃げに乗った状態となりタイム差も拡大していく。結局この逃げ集団が勝ち逃げ集団となってしまい、チームとしては全く勝負に絡めない展開となった。
 
【宮澤監督から】
前半から初日と同様に米谷が集団前方を走り、アタックに反応するが脚が重く11名の逃げも逃してしまう。淡々とスローペースで進むが、米谷の脚の重さは変わらず遅れてしまう。岩瀬も今日は100kmまでと決めて走り始めたが、70km地点で遅れリタイアとなる。才田も脚が思ったように動かず前半の動きを逃し、後半ペースアップとともに前へと追いかける展開に乗るが、差が開きすぎていたのを取り戻すことはできず11位でゴールとなった。
初レースにしては厳しいレースではあったが、勝てるアプローチはするべきだった。11名の逃げが出来た時、その後の動きもチームとして動かすべきだった。人数が少ないチームだからこそ判断が重要になってくる。
2日間を通して、展開を見ていて今回のようなレースをしていたら勝てるレースは無いと感じた。体調的な面はさておき、チャンスを掴める手順を踏む走りを今後期待している。余談ではあるがこの時期に開催される点、他のレース強度・難易度を考えると今回の修善寺がAAというのはどういう事なのか?と思う。レースは必要な時期に必要な強度のレースにしないと選手は育たないことをオーガナイザーは考えた方が良いと感じている。
 
cr180318_01_01.jpg
 
cr180318_01_02.jpg
 
cr180318_01_03.jpg
 
cr180318_01_04.jpg


<<<前のレポート2018年3月の一覧次のレポート>>>



このページの先頭へ
広告掲載のご案内