ベルマーレフットボールアカデミー|SOCCER

サッカー レポート

<<<前のレポート2018年1月の一覧

2018:01:04:10:08:24[18.01.04]

産業能率大学collaboration with 湘南ベルマーレ・スポーツ教室 初心者サッカークリニック③シュート 開催報告

2008年から産業能率大学と湘南ベルマーレは、産業能率大学湘南キャンパスを会場とした「産業能率大学 collaboration with 湘南ベルマーレ・スポーツ教室」を月1回程度で継続的に開催しております。
 
10月〜1月にかけて4回コースの初心者サッカークリニックを開催しています。
今回は第3回目となり、「シュート」をテーマに行われました。継続して参加いただいている方も多く、45名の小学生が、ベルマーレフットボールアカデミーの清水郷介コーチ、梶麻美コーチ、橋本佑希コーチと一緒に練習に取り組みました。
 
今回も学年を基本にして3グループに分かれて練習を行いました。

 
天気は良かったですが、気温は低かったので、ランニングや鬼ごっこ、ストレッチとしっかりとウォーミングアップを行いました。

 

 
ウォーミングアップ後の導入のトレーニングとしてボールタッチやリフティングも行い、ボールを扱う感覚と、シュートにつながるしっかりとボールの中心を蹴る意識付けも行いました。

 

 
実際のシュートやキックのメニューに進んでいきました。
 
低学年はコーン倒しのメニュー。コーンも軽いものと少し重いものの2種類があり、しっかりと蹴らないとコーンが倒れない設定にもなっていました。
コーン倒しとは逆に、コーンをキーパーに見立ててゴールを決めるメニューに変化したりと子供たちが飽きてしまわないようメニューを変化させていました。

 

 
高学年のグループは、二人組でのハンドキックでのパス交換。
山なりにボールが飛んで行かないよう、しかっりと相手に向かって真っすぐボールが飛んでいくように蹴るようコーチから指示がありました。
合間合間でコーチからキックのポイントの解説も行われていました。

 

 
シュートの練習では、まずはDFのいない状況でしっかりとシュートすることから始まり、GKを付けてのシュート、2グループに分かれての競争などメニューも徐々にレベルアップしていきました。

 

 
最後のメニューはミニゲーム。
今回のシュート練習をしっかりと発揮し、たくさんのゴールが生まれていました。

 

 
恒例の記念撮影を行い、教室は終了しました。

 
このスポーツ教室は産業能率大学の学生達が運営サポートをしております。
運営スタッフも風邪で欠席者が出てしまいましたが、予定していた役割分担も当日変更したり、現場でフォローしあったりとみんなでカバーしてくれ、今回もスムーズな運営を行ってくれました。

 

 

 

 
産業能率大学スポーツマネジメント研究所 産業能率大学collaboration with 湘南ベルマーレ・スポーツ教室のサイト内にサポート学生によって書かれたスタッフブログでも当日の様子が紹介されていますのでぜひご覧ください。(ブログの中の写真も学生たちが撮影したものです)


<<<前のレポート2018年1月の一覧


このページの先頭へ
コーチ's 日記
広告掲載のご案内